ならめがねのお知らせ

編集長が奈良大宮ロータリー様の例会にて卓話を行いました

3月1日(火)、「ふたり出版社が奈良の新雑誌を出す理由」と題し、

・社名「EditZ」に込めたダブルミーニング

・『ならめがね』はどうして生まれた?

・奈良の魅力をちょっと客観的に見てみると

・取材先を決める編集者のモノサシ

といった内容で、スライドショーを交えながら30分間お話しさせていただきました。

Vol.2(2016年冬号)、本日12月10日発売!

巻頭特集「深窓の美仏ものがたり」は、奈良が世界に誇る仏像を地元出版社ならではの視点と、女性の仏像ライターによるやわらかい文体で紹介しています。

仏像とその背景にある物語、感情に訴える語り口で、仏像初心者にも共感してもらえるような内容にしました。

「美仏+お寺拝観の後に立ち寄りたい温もりの茶店」の紹介は、本全体のほぼ半分のページを費やした大特集です!

ぜひ、お近くの取り扱い店でお買い求めください。

 

▼お近くに店舗がない場合は、「本のご購入」ページのメールフォームからもご注文いただけますので、こちらからどうぞ。

http://naramegane.com/buy/

Vol.2(2016年冬号)、12月10日発売です!

『ならめがね』Vol.2(2016年冬号)は、12月10日(木)発売です。

お楽しみに☆

 

▼特集内容は「最新号」ページをご覧ください
http://naramegane.com/book

産経新聞に掲載されました!

本日9月26日(土)の産経新聞 朝刊(奈良版)に、『ならめがね』創刊の記事を掲載していただきました。

産経新聞さん、ありがとうございました☆

 

▼記事の内容は「産経ニュース」をどうぞ

http://www.sankei.com/region/news/150926/rgn1509260059-n1.html

奈良まほろば館で講演を行いました!

9月22日(火・祝)、東京・日本橋にある奈良県アンテナショップ「奈良まほろば館」にて、海龍王寺石川ご住職と弊誌副編集長・白崎とによる講演を行いました。

題して、『イケ住×女性エディター「異なる2人のいい古都探し」』。

スタートをJR奈良駅、ゴールを東大寺二月堂と決め、道順はそれぞれ2人の自由に。

お互いがおもしろいと思うスポットをコース仕立てにし、スライドショーとともにご紹介していきました。

ご参集いただいた皆様、ありがとうございました☆

(写真提供/奈良まほろば館)

朝日新聞に掲載されました!

本日9月12日(土)の朝日新聞 朝刊(奈良版)に、『ならめがね』創刊の記事を掲載していただきました。

朝日新聞さん、ありがとうございました☆

 

▼記事の内容は「朝日新聞DIGITAL」をどうぞ

http://www.asahi.com/articles/ASH9B5556H9BPOMB00K.html