ならめがねのお知らせ

年末年始のメールフォーム対応について

年末年始休業に際して、メールフォームによる年内の受付業務は2016年12月26日(月)で終了しました。
「本のご購入」など、12月27日(火)以後にいただいたメールフォームの内容につきましては、年明け「2017年1月11日(水)」よりご対応させていただきます。

11月22日、毎日新聞さんに掲載されました

11月22日(火)の毎日新聞朝刊奈良版の「やまと人模様」に副編集長の白崎が掲載されました。

詳しく丁寧に取材いただき、とても貴重な経験となりました。

大変光栄です。毎日新聞さん、ありがとうございます!

 

▼web版の記事はこちら

http://mainichi.jp/articles/20161122/ddl/k29/070/636000c

Vol.05(2016年秋号)、10月28日(金)発売です!

いつも『ならめがね』をご愛読いただいている皆様、大変お待たせいたしました。

Vol.05(2016年秋号)、10月28日(金)発売です!(※奈良県外は数日あとの発売)

 

秋号では、奈良時代のファッションやヘアスタイル、正倉院文様のデザインなど、“見れば見るほど、うっとりしてしまうお洒落”をテーマに総力特集!

 

艶やかな色合いとハイセンスなコーデが魅せる「天平衣装」や、今見てもかなりスタイリッシュでアバンギャルドな「天平ヘアスタイル」。

 

繊細な美と可憐な可愛さが同居する正倉院文様のルーツと、それをモチーフに現代のオトナ女性でも普段使いできるよう、さり気なくアレンジを加えた素敵な「正倉院グッズ」。

 

さらに、秋の恵みがたっぷりと詰まった至高のスイーツ、秋深まる吉野路に心緩ませるラグジュアリーな電車旅…などなど。

 

「きれい・うっとり・うるわしい」が三拍子そろった、ならめがね流“この秋の過ごし方”をご提案します(#^^#)

 

▼詳しくは「最新号」ページをご覧ください

http://naramegane.com/book

<弊誌『ならめがね』をご愛読いただいている皆様へ>

『ならめがね』Vol.5(2016年秋号)ですが、当初9月中旬発行のところ、10月中の発行予定に変更いたしました。

いつも弊誌をご愛読いただいている皆様には、大変お待たせしてしまい、誠に申し訳ございません。

発売日等に関して、詳細が決まり次第、当HPにてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

副編集長がトーク対談させていただきました

奈良まほろば館にて開催中の「平城宮跡と祈りの三古寺 〜みつきうまし祭りへのいざない〜」。

その連携講演の第3弾、安達えみさん(塗仏商店)と白崎友美(ならめがね副編集長)による、『トーク対談「仏女たちの三古寺巡り」』が、9月19日(月・祝)に行われました。

まほろば館で先行発売されている天平祭オリジナルご朱印帳の話から、三古寺各寺の仏さまの紹介、奈良で授与いただける気になるご朱印とその社寺の特徴などを、お話させていただきました。

 

お越しのお客様たちは、奈良にお詳しそうな方が多い印象でしたが、奈良に住む2人だからこそ知るディープなネタにふんふん頷いてくださったり、笑ってくださったりで、とても有難く幸せな時間を過ごせました(^^)☆

ありがとうございました!!

9月18日、読売新聞さんに掲載いただきました

9月18日(日)の読売新聞に、天平祭オリジナルご朱印帳の記事が掲載されました!

カラーでどーん。光明皇后と孝謙(称徳)天皇母娘と三古寺とのつながりもしっかりと記載いただき、大変有難いです。

読売新聞さん、ありがとうございます(*^^*)

 

▼web版の記事はこちら

http://sp.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20160917-OYTNT50142.html