ならめがねのお知らせ

誌面に載せきれなかった奈良のステキ、教えちゃいます!

『ならめがね』副編集長・白崎が8月24日(水)に、東京・日本橋にある奈良県アンテナショップ「奈良まほろば館」で講座を行います。

「女性編集者が教える、大人可愛い奈良めぐり」と題し、奈良で暮らす女性編集者が、取材などを通して出会った女子心をくすぐるグルメ、スイーツ、雑貨、可愛いお守りをはじめ、歴史深い神社やお寺、大人女子の知的好奇心を満たしてくれるスポットなどをご紹介。

あれこれ脱線しながら、大人可愛い奈良のめぐり方をご案内します。

 

「ユルい、まったり、懐かしい」奈良が好きな女性、必聴ですよ。

 

▼詳細・お申し込みはコチラ(奈良まほろば館HP)

http://www.mahoroba-kan.jp/course_form923.html

 

Vol.4(2016年夏号)、6月23日(木)発売です!

夏号では、「奈良で避暑する」をテーマに、あちこちお出かけ。

 

たとえば、

奈良ならではの歴史や物語がある、レアで特別な“秘所”地で、暑気払いはいかが?

心が穏やかになって、体の内側から涼しくなれる第1特集「心の涼10撰 歴史風味の秘所グルメ」。

 

あるいは、

お店の特徴が出ているかき氷を、1ページに1氷、ど~んと掲載しちゃう第2特集「ほぼほぼ原寸!奈良かき氷名鑑」だったり。

 

はたまた、

世界遺産「平城宮跡」の夜を、周辺のバルやバーとともに楽しむ「夜の平城宮跡、おとな歩き」…などなど。

 

冒険心が上向くこの季節。ちょっといつもと違う、おとなの夏休みをお過ごしあれ。

 

▼詳しくは「最新号」ページをご覧ください

http://naramegane.com/book

Vol.3(2016年春号)、3月22日(火)発売です!

Vol.3(2016年春号)では、「桜国の深み、吉野山つづら歩き」と題し、日本随一の桜の名所・吉野山を大特集。

祈りの心が息づく古社寺をはじめ、思わず笑顔がこぼれる飲食店、ご当地ならではの買い物、ちょっと気になるお土産など、吉野山の魅力をたっぷり掲載。

また“一目千本”と謳われる桜にまつわるエピソードや、その景観を保全するために行われている活動なども紹介し、いろんなアングルから桜国・吉野山を見つめます。

 

▼特集内容は「最新号」ページをご覧ください
http://naramegane.com/book

編集長が奈良大宮ロータリー様の例会にて卓話を行いました

3月1日(火)、「ふたり出版社が奈良の新雑誌を出す理由」と題し、

・社名「EditZ」に込めたダブルミーニング

・『ならめがね』はどうして生まれた?

・奈良の魅力をちょっと客観的に見てみると

・取材先を決める編集者のモノサシ

といった内容で、スライドショーを交えながら30分間お話しさせていただきました。

Vol.2(2016年冬号)、本日12月10日発売!

巻頭特集「深窓の美仏ものがたり」は、奈良が世界に誇る仏像を地元出版社ならではの視点と、女性の仏像ライターによるやわらかい文体で紹介しています。

仏像とその背景にある物語、感情に訴える語り口で、仏像初心者にも共感してもらえるような内容にしました。

「美仏+お寺拝観の後に立ち寄りたい温もりの茶店」の紹介は、本全体のほぼ半分のページを費やした大特集です!

ぜひ、お近くの取り扱い店でお買い求めください。

 

▼お近くに店舗がない場合は、「本のご購入」ページのメールフォームからもご注文いただけますので、こちらからどうぞ。

http://naramegane.com/buy/

Vol.2(2016年冬号)、12月10日発売です!

『ならめがね』Vol.2(2016年冬号)は、12月10日(木)発売です。

お楽しみに☆

 

▼特集内容は「最新号」ページをご覧ください
http://naramegane.com/book